噛み合わせの問題

矯正歯科・ホワイトニングは、どちらも歯の状態を整える事ができます。
しかし、根本的な解消を行うのであれば、矯正歯科で歯並びを整えてもらうことがいいでしょう。
そうすることで、健康状態にもプラスの高価となりますし歪んだ状態をそのままにしておくと、体に悪い影響が及ぶことがあるのです。

歯並びは、通常歯茎のカタチにそって横並びのU字型になっています。
しかし、綺麗に生え揃わなかった場合は、出っ歯や乱ぐい歯など乱れた並びで永久歯が生えてしまうのです。
これにより、噛み合わせが合わなくなる可能性があります。

噛み合わせとは、上顎の歯と下顎の歯がしっかりと合わさっているかどうかでその良し悪しを判断します。
この噛み合わせが悪いと、咀嚼障害などを引き起こしますし歯周病の原因にもなるおそれがあるのです。
そして、歯はそれぞれ骨の上に生えていますからここにかかる圧力は骨にも伝わります。
毎日食事の度に噛んでいるのですから、その圧力はドンドン骨に負担をかけていき、そこから少しずつ体全体の骨の歪みへと発展していきます。
これにより、体表面に歪みの症状が出る場合もありますし、口ではない別の場所に痛みを感じることもあるのです。

このような歪みにまで発展すると、治療をすること自体が非常にむずかしくなります。
そのため、早めに矯正歯科で歯列矯正を行う必要があるのです。

Powered by WordPress | Buy wordpress themes 2012 and Save. | Thanks to Best Free WordPress Themes, Free Premium WordPress Themes and Themes Directory